元気を与えてくれるオレンジ

カラーのチカラであなたを笑顔にする、サイ・カラーセラピスト菅野かおりです。

毎回、色の特徴と効果的な使い方をお伝えしていきます。


4回目はオレンジ。

インシュリンを分泌し、人の健康に影響を与える色です。

食欲の増進を促したり、腸の働きを整える効果があるので便秘や下痢気味の方に効果があります。

人が自然と周りに集まり、明るく陽気にさせてくれる暖炉やキャンプファイヤーの炎がシンボルなので、親しみやすく安心できる色です。

また、最も暖かさを感じさせる色でもあるので、冬に使うカイロや毛布によく使われます。

そんなオレンジは、コミュニケーションを楽しみたい時にピッタリです。

パーティーやイベントなど、人の輪の中で自分をアピールしたい時に身に着けると良いでしょう。

また、精神的・肉体的な痛みやショックを和らげる作用もあるので、明るく元気になりたい時にも効果があります。

身に着けることに抵抗がある場合は、オレンジジュースやキャロットジュースのようなオレンジ色の食べ物を取り入れたり、オレンジ色の花を飾ったりしても良いですね。


次回はグリーンについてお伝えしますので、どうぞお楽しみに。

Sai-Color Therapy認定セラピスト   かんの かおり

福島県郡山市を中心にサイ・カラーセラピストとして活動している、菅野かおりです。 サイ・カラーセラピーは、12色の本物の宝石と6つのマスを使うカラーセラピーです。 磨けば輝く宝石から、あなたがカラーをきっかけに「宝石のように輝く」お手伝いをします。

0コメント

  • 1000 / 1000