勝負の時には「レッド」

カラーのチカラであなたを笑顔にする、サイ・カラーセラピスト、菅野かおりです。

「こんな時にはこんな色」ということでさまざまな色をを紹介します。


第6回はここぞ、という時に気持ちを奮い立たせてくれると共にお守りになる色を

お伝えします。

その色は「レッド」です。

「レッド」は、アドレナリンというホルモンを分泌し、交感神経を刺激して、心と身体を

戦闘態勢にしてくれます。

西洋では昔から戦いの色でしたし、日本でも戦国時代の武田信玄はじめ、

多くの武将が強さの象徴として赤を使用していました。

赤は膨張色でもあるので、兵士が少なくても実際の数より多く見えるという効果もあったのです。

現代でもパワフルな色の精力剤として、スポーツのユニフォームに多く使われています。

また、朱色や紅色は魔よけとして、古代から神社の鳥居や祭事の厄除けに使われてきました。

海人がサメ避けとして赤いふんどしを身に着ける習慣も長くありました。

ここぞという時、赤い下着のパワーをお守りにして、落ち着いて堂々と振る舞いましょう。


次回もどうぞお楽しみに。

Sai-Color Therapy認定セラピスト   かんの かおり

福島県郡山市を中心にサイ・カラーセラピストとして活動している、菅野かおりです。 サイ・カラーセラピーは、12色の本物の宝石と6つのマスを使うカラーセラピーです。 磨けば輝く宝石から、あなたがカラーをきっかけに「宝石のように輝く」お手伝いをします。

0コメント

  • 1000 / 1000