元気になりたい時には「オレンジ」

カラーのチカラであなたを笑顔にする、サイ・カラーセラピスト、菅野かおりです。

「こんな時にはこんな色」ということでさまざまな色をを紹介します。


第8回は心身共に元気になりたい時におススメの色をお伝えします。

その色は「オレンジ」です。

「オレンジ」は、インシュリンの分泌を促し、健康に影響を与える色です。

腸の調子を整えるともいわれ、便秘や下痢気味の時には、オレンジ色のジュースや

フルーツを取り入れたり、下着や服を身に着けると良いそうです。

また、食欲を増進させる働きを持つグレリンの分泌を促し、最も食欲をそそる色とも

いわれています。

スーパーマーケットの食品売り場、ファミリーレストランなどで美味しさを

イメージさせるため、また、親しみやすく家庭的な団欒をイメージさせるために

欠かせない色です。

「オレンジ」には、精神的なショックや肉体的な痛みを和らげるショックアブソーバーの働きもあります。

最も暖かさを感じる色であり、見る人を明るく元気にさせてくれます。

積極的な活力のある「レッド」と陽気で知性のある「イエロー」をあわせ持つ「オレンジ」

は、たくさんの人とコミュニケーションを円滑にする、パーティ―にもおススメの色です。


次回もどうぞお楽しみに。

Sai-Color Therapy認定セラピスト   かんの かおり

福島県郡山市を中心にサイ・カラーセラピストとして活動している、菅野かおりです。 サイ・カラーセラピーは、12色の本物の宝石と6つのマスを使うカラーセラピーです。 磨けば輝く宝石から、あなたがカラーをきっかけに「宝石のように輝く」お手伝いをします。

0コメント

  • 1000 / 1000