国旗の緑はどんな意味? 国旗の色いろいろ

カラーのチカラであなたを笑顔にする、サイ・カラーセラピスト菅野かおりです。

前回に引き続き今回も、国旗の色のいろいろについてお伝えします。


国旗に使われている色で一番多い色は赤、二番目が青、そして三番目が緑です。

ということで、国旗の緑はどんな意味があるのか調べてみました。


アフリカのリビアの国旗は、1977年から2011年まで緑一色でした。

現在は、赤・黒・緑の水平三色旗に、中央には白い三日月と星を配したものになっています。

緑色はイスラームの開祖ムハンマドのターバンの色とされ、イスラーム世界では最高の色

とされています。

そのためイラン、サウジアラビア、トルクメニスタン、インド、バングラデシュなどで

イスラム教の意味で緑が使われています。

他にはどんな意味があるでしょう。

イタリアの国旗では、国土を表しています。

ベラルーシの国旗も国土の深い森林そして明るい未来を表しています。

レソトの国旗も豊かな国土と繁栄を表しています。

このように豊かな国土や森林を表している国も多いようです。

国旗の色にはその国の信仰や文化、風土が大きく関わっているのですね。


次回もどうぞお楽しみに。

Sai-Color Therapy認定セラピスト   かんの かおり

福島県郡山市を中心にサイ・カラーセラピストとして活動している、菅野かおりです。 サイ・カラーセラピーは、12色の本物の宝石と6つのマスを使うカラーセラピーです。 磨けば輝く宝石から、あなたがカラーをきっかけに「宝石のように輝く」お手伝いをします。

0コメント

  • 1000 / 1000